山梨県産業技術センター(甲府)へ訪問

さてさて、先日は特許出願の検討をしているという記事を書きました。

今回はその発明の有効性を示すために、産業技術センターへ分析装置を

お借りしに行きました(^^)/


まずは電話で事情説明。

開業届もまだで屋号もないけれど、特許化でき次第起業する予定で

ある旨を伝えると、快く相談に乗って頂けました( `ー´)ノ

※通常、正当な理由のない個人の利用は基本遠慮いただいているとのこと。


今回はクリープメーターという、食品の柔らかさなどを測定する装置を

お借りしたく、相談に行ってきました✨

装置の仕組みとしては単純。食品へ棒を押し付けたときにかかる

荷重を算出するだけ。引張試験機の逆Verですわな。

前職でいやっちゅうほど使ってました。。。(゜-゜)

※写真の掲載許可いただいています📷


初回ということなので、当日は顔合わせを兼ねたお試し測定を実施頂きました。

お試しでは次のようなことを。

・考えている試験が可能な装置か、試験法に適合する治具がそろっているか

・実際の測定方法が意図している性質を反映するか

・比較対象と想定している差が出るか

・用意したサンプルの形状、状態は適切か…などなどφ(`д´)メモメモ...


結果的にはオールOK!サンプルの形状は工夫したほうがよさそうだけど、

現状で有意差が確認できました(^_^)✨


今後、食品関係の分析装置で別のものも利用する可能性があること

伝えておりましたので、そのあとは見学ツアーをしていただけました。

化学分野ではおなじみのクロマト類、分光計、原子吸光といった

はぐれケミスト心をくすぐるものが沢山✨


レトルト釜や醸造機といった食品の製造装置なんかもありました(^^♪

やー面白かった。また行きたい←アソビジャナイノダガ( ゚Д゚)


実は当日、前々から技術センター気になってたという兄も同行しており、

ちゃっかり金属加工の機械やら見学しに行ってました(#^^#)


食品の製造や分析は経験がなかったため、1日通して非常に

新鮮で面白かったです。甲府技術支援センターの皆さま、

ありがとうございました。


次は、弁理士さんにこの装置のデータでいけそうかって相談をしてきます。

早くものにせんとなー(+_+)おしまい。

特集記事
記事一覧