お客様がペアの結婚リングを作られました

2017/02/14

ご無沙汰しております。

工房主の山下です。

今回はバレンタインデーに相応しい華やかな内容の記事をお送りいたします。

 

去る2月11日、当工房にお客様がいらっしゃいました。

以前にも一度遊びに来てくれた私の30年来の友人とその奥様です。

 これからの作業に向けて意気込みバッチリ!

 

実は前回遊びに来ていただいた前後に「結婚指輪を作ってほしい」というお話をいただいておりました。

その時点では頂いたデザイン案を元に私が制作するという感じだったのですが、デザインの打ち合わせを重ねていく中で「自分たちで作りたい!」という欲求が高まったとのこと。

いいですね。非常にいいと思います^q^

ご自身で作られたペアリングなら思い出に残ること請け合いです。

 

ということでしたので、デザインを元にお二人が作る工程と私が手を加える工程を考え、実際に作業に来てもらったのが11日のことでした。

お二人にやっていただく作業工程は、まずワックス原型の制作からになります。

 指輪用のワックスから必要な量を切り出しサイズや幅を調整していきます。

旦那さん思わず立ち上がり、腰の入ったいい姿勢でワックスを切り出しております。

 

慣れない作業ですがお二人は真剣そのもの。

 ヤスリやスパチュラ、ハンドモーターなど初めて扱うであろう道具を使って、頑張って成形していきました。

 

時折旦那さんが奥様の作業をお手伝いしてあげたりと、お二人の共同作業でリング原型が出来上がっていきます。

 

和やかな雰囲気の中作業は進み、3時間弱でひとまず原型の完成となりました!

お二人がデザインし、自ら削り出して作った結婚指輪原型。

慣れない作業で戸惑うことも多かったかと思いますが、二人協力してここまで仕上げた逸品。

お二人ともお疲れ様でした!!

 

この後の工程ですが、お二人に作っていただいた原型を業者に送り、プラチナで鋳造をしてもらう予定です。

その後磨き作業、表面テクスチャ加工作業、そして石留めなどまだまだ作業が残っています。

完成まではもうしばらくかかるかと思いますが、完成の際には改めてブログの方で紹介させていただく予定です。

続報お待ちいただければ幸い。

 

余談ですが、今回のワックス作業が終わった後は3人でちょっとした山梨観光に出かけてきました。

 名物のほうとう鍋を食べたり、梅園見学をしたりと丸一日お付き合いいただきました。

大人になっても変わらぬ付き合いをしてくれる友人は何物にも代えがたい宝ですね。

お互い住んでいるところは昔より離れてしまいましたがまた遊びに来てくれる日を心待ちにしたいと思います。

お二人の未来に幸あれかし!

それでは今回はこの辺で。

Please reload

特集記事

スポンヂ工務店

2018/11/21

1/1
Please reload

記事一覧

November 21, 2018