スポンジラボ(化学)開設? カプサイシン抽出実験 その1

先般構築を始めたラボスペースが充実して来ましたのでご紹介。

デスクの設置、ガラス器具と装置の仕入れ、バンバンレイアウト決めて…

準備完了(^▽^)✨


お試しの実験は手軽なところでカプサイシン(辛み成分)の抽出実験。

どこの誤家庭にもあるソックスレー抽出機という器具を使います(^^)/

器具の一番下にアルコール、真ん中に一味唐辛子、上に冷却管を組みます。

※前知識として、カプサイシンはアルコールに良く溶けます。



★器具の仕組み

①下のアルコール入りフラスコを加熱して沸騰させる

②アルコールの蒸気が上に移動・冷却管で液体に戻る

③液体に戻ったアルコールが一味唐辛子に滴下・カプサイシンが抽出される

④ある程度抽出液が溜まると液が下のフラスコに移動する

①~④を繰り返すことでカプサイシンが濃縮される。


こうして得た濃厚抽出液をさらに濃縮。減圧蒸留

(低い温度で素早くアルコールを飛ばせる)でアルコールを飛ばして濃縮。



この時点でデスソースじみた辛さの液が出来上がりました炎炎炎>(~Q~;;)



ただし、この状態では唐辛子由来の色素や油分も非常に多く、

濃縮を続けるとタール状の物質になってしまいます。

これを解消して更なる高み?を目指したいのですが…

(純粋なカプサイシンは白色の結晶固体)


この先の手順が中々難航してます(;^_^A

専門的な話になって人を選びそうなのでその辺は次回に。。。


しかし作った液はイタヅラに使っちゃいかんぞ! 工房主のパンツに塗ったくったりしちゃ絶対いかんぞ!!ヌリヌリ( 'ω')ノ

特集記事
記事一覧